CONSTRUCTION STONE 施工の流れ 永遠の祈りを込めて

基礎工事

基礎工事は重い墓石を支えていくために一番重要な工事です。
見えない部分ですがここをしっかりとやることでお墓の寿命も一段と伸びるのです。

1. 掘削および砕石ひき

コンクリートの土台を打つ深さです。ここでは300mmの厚さにコンクリを打ちます。ここでよく転圧していないとお墓が下がってしまう恐れがあります。

2. 鉄筋工及び水抜き穴設置

鉄筋が土間の半分の高さ(150mm)にくるよう設置し、納骨堂に水が溜まらないように水抜きの穴を作っておきます。

3. 土間打ち

コンクリを流し込み土台の完成です。真ん中に見えるのが水抜き穴です。

耐震対策

地震大国日本において耐震対策はしっかりとやらなければいけません。
墓石は少しの衝撃でも傷ついてしまい、一度ずれてしまうと元に戻すのも大変になってしまいます。

1. 外柵の耐震対策

柱と柱の間にステンレスの棒を入れていきます。
これによって石と石がずれにくくなります。
穴はすべて専用特殊ボンドで固定します。

2. 石塔の固定

このようにステンレスの棒を入れ、その上に石塔を固定します。
こういった地震対策がなされていないと、ちょっとした地震でも石がずれていく可能性があります。

主な施工実績

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。